FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の営み(10月19日)中編

ベッドに入り、再度熱いキスを延々と交わす。

唇から口の周り、耳、耳の後ろ、首、肩と唇を移して行く。


小ぶりな胸の側面をついばみ、乳輪に沿って舌を這わせる。


十分に焦らしてから、ツンと起った小さな乳首に舌が軽く触れると、思わず彼女が声を上げる。

何度も軽く触れては離しを繰り返してから、上下左右に愛撫する。


唇で乳首を軽く挟み舌先で愛撫した後、乳首をくわえ込み、口の中で転がす。

時折、歯でしごきながら吸うと、身悶えする。

吸う力が強まると、彼女の息が止まり、吸うのを止めると大きく息を吐き出す。


思い切り吸うと彼女が体を仰け反らせるが、ダウンするまで吸い続ける。



「下のお口にキスしてほしい?」

息が落ち着いた彼女に尋ねる。


「どうして聞くの…」

『聞かなくても分かってるくせに…』といった調子で彼女が答える。


「答えないと、このまま入れちゃう!」


「……してほしい…」

消え入りそうな声で彼女が答える。


「じゃ、私の顔にまたがって…」


「えーっ、えーっ」と言いながらも、私に誘導され、素直にまたがる彼女。


「私は顔も舌も動かさないから、理緒さんが腰を動かして…」


「やだっ、恥ずかしい」


「動かさないと舐められないよ…」


壁に両手を着き、膝立ちの体を前後に揺らし始める彼女。


膣口は既に愛液で満たされ、クリトリスも膨れ上がっている。

突き出された舌にクリトリスを擦り付けているうち、膝がガクガクしてくる。

とうとう腰が落ち、自分からは動けなくなった彼女の腰を抱き、膣口に舌を差し入れ、クリトリスを吸い出してねぶる。


「お尻をちょうだい」

念入りなクンニを終えたら、彼女の向きを変え、69の体勢になる。


お尻を開き、アヌスを露出させると、ペロペロと外周部から舐めていく。


ペニスをくわえた彼女の口からあえぎ声が洩れる。


固く締まったアヌスをツンツンと舌先で何度か突いてから、舌を侵入させていく。


「ダメっ」と声を上げたものの、すぐに負けじと、ペニスを強く吸い、時には喉奥を突くように頭を大きく動かして対抗する彼女。



彼女をうつ伏せに寝かせ、膣口にペニスの先端をあてがう。


「理緒さん上手になったね。このまま続けられたら、理緒さんの口の中でイッちゃう…」


「イッていいのに…」


「こんな早い時間にイキたくない…。…入れていい?」


「入れて…」


今日はいつもよりも前戯は短めだが、愛液は溢れ、彼女の興奮度も高くなっているため、ペニスもスムーズに入っていく。


いつもはこのまま根元まで納めるのだが、今日は中間辺りで止めてみる。


「奥まで…」

彼女が催促するように言うが、そのまま動かさない私。


彼女が両手を伸ばし、私の腰を掴んで引き寄せる。

ペニスを根元まで納め、満足そうな表情を見せる彼女。

ほとんど間髪を入れず腰を前後に揺すり始めるが、私に「動いちゃダメ」と制止される。


「でも…」

彼女が不満そうな声を上げる。



《続く》


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

顔面騎乗

理緒さんの感じるツボ、
そこのところをかなりの部分掌握してらっしゃるんですね。
愛撫の手順も大変参考になります。
AVの真似するだけの幼稚な男共にも見習って欲しいものです。

hiroさんへ

彼女のツボは毎回探しながら…という感じです。回を重ねる毎に増えている感はありますね。(^-^)
愛撫の手順は自己流ですが、肝心な部分は最後まで触らないのが基本ですね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。