FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラフティング・デート(9月15)前編

昨日、彼女とラフティングに行ってまいりました。

ご存知の方も多いかと思いますが、ラフティングとは大型ゴムボートで川を下るスポーツです。


彼女はショッピングよりもこういったアクティビティが好きで、以前からラフティングもやりたいと言っておりました。

私が振替休日を取れることになり、既に先々週には15日にラフティングすることが決まっていました。

11日の夕食~営みデートは、そこまで待てない私が急遽誘ったイレギュラーだったのでした。(^^ゞ


さて、いつものように、朝、彼女のマンションに迎えに行き、1時間ほどかけて集合場所である観光やなに到着。

今回のラフティング会社は、この観光やなの息子さんが運営しているようだ。

申し込み書への記入、代金を支払ったら、更衣室でウェットスーツ、ラフティングジャケット、スポーツサンダルに着替える。

ちなみに、今回の参加者は私たち二人だけ。さすが平日。

さらにライフベスト、ヘルメットを身に付け、まずは車で10分ほど離れた河岸の岩場に移動する。

スタッフの後に付いて、まずは川に入って水の冷たさに体を慣らし、ライフベストの浮力を確かめてから、2メートルくらいの高さの岩まで歩き、そこから川面に飛び込み!

落ちている時間は1秒くらいだろうが、ずっと長く感じるのが不思議。


対岸まで泳ぎ、今度は5メートルくらいの岩まで移動して飛び込み!

ここでは、彼女、私、スタッフの順番で飛び込む。一番手で躊躇なく飛び込む彼女。度胸が座っている。(^^ゞ


車に戻り、ラフティング出発ポイントに移動する。

パドルの握り方、前漕ぎ・後ろ漕ぎの仕方を教わって練習。

さらにボートから落ちて流される際の水中での姿勢の取り方、河岸への泳ぎ方を教わり、いよいよ川へ。

土手にゴムボートを滑らせ、鼻先を川に突っ込んだ状態で彼女と私がボートにイン。スタッフがボートを押すと、スプラッシュマウンテンのようにボートが川面に滑り出す。


前夜の雨にもかかわらず、川の水量は少なく、流れは緩やか。

彼女が左舷に、私は右舷に、スタッフが船尾に就き、漕ぐ練習をしながらゆっくりとボートは水面を進んでいく。


数日前までの暑さが嘘のように涼しく、川面を渡る風が心地よい。


最初の“瀬”に近づくと、スタッフから「全員、前漕ぎ~」の声がかかる。
漕ぎながら“瀬”に突入すると、水面には白い飛沫が上がり、ボートが上下左右に振られ、体に波がかかる。

テレビでよく見るラフティングのイメージを体感する。



“瀬”を抜けると再び流れは緩やかに。自然のままに流され、周囲の景色を楽しむ。

そして再び“瀬”に…。


今回のラフティングツアーは全長4.8キロ、このような“瀬”が5箇所ある。

一度は大きな波に見舞われ、彼女が頭からずぶ濡れになっていた。それもまた楽し…。


静と動を繰り返し、午前11時、ボートは集合場所だった観光やなに帰着。ラフティングツアーは終了した。



着替えの後、やなで早めの昼食。

この川でラフティングを催行している会社はいくつかあるが、このツアーを選んだ理由の第一がコレ。やなでの昼食が付いていること。

というのも、彼女が大のやな好き、川魚好きだからである。


遠火の炭火で焼いた鮎はホクホクしてとても美味。彼女もとても喜んでいた。



初めてのラフティングを十分に楽しんだ二人、「今度は水量の多い時期に、互いの子どもたちも連れて来よう」と約束し、やなを後にした。



《続く》


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

楽しそう。。。

さすがに、文章の描写がうまくて、
ラフティングの様子がすごく伝わってきます。
活動的な理緒さん、素敵です。
リサはちょっと、怖いかも・・・・・。

リサさんへ

お褒めいただき恐縮です。(^^ゞ
欲を言えば、もっと水量があったほうが楽しめたのでしょうが、それでも十分楽しめました。
彼女もやりたかったラフティングができて喜んでいました。(^-^)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。