FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の営み(8月16日)前編

という訳で、いつものホテルに直行する。


ウェルカムドリンクのアイスコーヒーを飲みながら、彼女は実家への帰省、私は娘の帰省について報告しあう。


一段落したところで、彼女をお姫様抱っこでベッドに運び、キス。

キスを交わしていると、屹立したペニスがズボン越しに彼女の脚に当たり、彼女があえぎ声を洩らす。


「ホテルに向かう間、理緒さん何も言わなかった…」


「言ったら止めた?」


「止めない」(笑)


唇をついばみ、舌を絡めたキスに発展した後、彼女をベッドに立たせ、服を脱がしていく。


下着だけになった彼女をまじまじと見る。

「綺麗…」


「綺麗じゃない…」


身体を隠そうとする両手を押し留め、ブラも外す。


露になった小さな膨らみに丹念にキスし、先端の赤い蕾をそっと唇で挟む。

彼女が「あうっ」と声を上げる。

少しだけ吸ったら、唇を下にずらし、ピンク色のショーツ越しに股間にもキスする。


ショーツの両脇に手を差し入れて引き下ろす。


柔らかで控えめな茂みにキスし、固く閉じた股間に舌をねじ込む。


「ダメっ、シャワー浴びてない」

両手で胸を覆い、うずくまった彼女を四つんばいにし、肩、背中とキスしていく。


唇がお尻に及ぶと「イヤっ、イヤ」と言って彼女が逃げようとするが、がっちりと抱え込み、そのまま背後から花びらを二、三回舐める。


「イヤ~っ」と大きな声を上げ、彼女が崩れ落ちる。

「シャワーを浴びておいで…」

彼女の頭を撫で、バスルームに送り出す。




ベッドの中で再度キス。

唇、口の周り、あご、首筋、肩、脇の下とキスしていく。


胸はいつものように側面から中央に向かって…。

舌先を乳輪に這わせてから乳首を愛撫し、口に含む。

しばらくの間口内で転がしてから、時折甘噛みを混ぜながら軽く吸う。

思いっきり吸い始めると、体を仰け反らせ、息も止まる。

吸い終わると、大きく息を吐き、ぐったりする彼女。



おへそ、脇腹にキスしてからクンニに入る。


彼女の腰の下に枕を当てがい、脚を開く。

内股で光る愛液を舐め取り、小陰唇を口に含んでクチュクチュする。

舌先でクリトリスを軽く撫で、膣口からクリトリスに向かって何度も舐め上げる。

開始位置を次第に下げ、アヌスから舐め始める。

舌先がアヌスに触れると、「イヤっ」と言って、彼女が腰を浮かせる。


膣口に舌を差し入れ、内壁を舐め回してから、クリトリスを吸い始める。


「あっ、あっ」とあえぎ声を上げ、体を仰け反らせる彼女。


ビーッ、ビーッと音を出して吸われ続け、最後はぐったりしてしまう。



彼女の息が治まってから、耳元で囁く。

「また後ろから入れてみる? それとも我慢できずに崩れちゃう?」


「後ろからは無理…」


「じゃ、前から入れるね」



花びらの中心に肉棒をあてがい、ゆっくりと挿入する。



《続く》


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

いつもながら

前戯が丁寧・・・
彼女は本当に綺麗な方ですよね、先日の画像で分かります。うっとり見とれてしまうんでしょ。

puriさんへ

前戯は“丁寧”というよりも、やりたいからやっている感じです。時間に余裕がもっとあったら、もっとやっています。(^-^)
彼女、もちろん綺麗ですよ。私は彼女の綺麗な裸身を見るのが好きなんですが、恥ずかしがってなかなか見せてくれないんですよね。(^^ゞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。