FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お泊まりデート(8月6日)中編

私が『まだ彼女を帰したくない』と思うのには理由があった。

旅行前、当初は夕食時間までに彼女を帰宅させるつもりだったが、事前のメールのやりとりで、夕食も一緒に摂ることになり、彼女からは「もっと一緒にいたいかも」という返信ももらっていた。

それに加え、旅行中、彼女は「6日は遅くなってもいいから…」と何度も口にしていた。


そんなことを言われたら、私の中にも『もっと一緒にいたい』という気持が芽生えてしまう。


という訳で、6日朝の時点で『彼女を帰す前に最後の営みをする』と決意していた。


移動中の車内で、たびたび彼女の太ももに手を置き、時々秘所にまで指先を及ばせるが、予想に反し、まったく嫌がらない。



地元のインターに近づいた際「今回の旅行費用の精算をしなきゃ」と彼女が言う。ほとんどを私が払っていたからだ。


「じゃ、どこか部屋に寄って…」と私。


「寄らない~」

22時半と時間が遅いからだろう、彼女が反対する。


聞き入れず、いつものホテル街に車を向ける。


「寄らないほうがいいと思うよ~」

引き続き彼女が止めようとするが、とうとう車はラブホへ…。

車から降り、すんなり部屋に入る彼女。このあたりの心理はよくわからない。(^^ゞ


コーヒーをいれ、本題の精算を済ませる。


ソファに座っていた彼女をお姫様抱っこし、ベッドに運ぶ。


「もう11時になるよ~、私は休みだからいいけど、あなたは仕事でしょ」


「明日は9時出社だし、デスクワークだけだから大丈夫」


きつく抱きしめると、思わず彼女が声を上げる。


「まだ一緒にいたい…。もっと理緒さんを愛したい…」

そう言ってキスすると、彼女もキスを返してくる。


互いの唇をついばみ、舌を絡めた激しいキスに…。

キスしながら、衣服のボタンを外していく。

まったく抵抗なく服を脱がされる彼女。


ブラも外され、三角に尖った小さな胸が露になる。

先端の赤い蕾をそっと口に含み、少しだけ吸う。


ショーツだけになった彼女の股間に顔を近づけると、

「あ~っ、シミになってる~!」


「違う~っ」


「違わないよ。薄~く茶色いシミになってる」


「詳しく言わなくていいから!」


「車の中で私に弄られて濡らしたね」


「違うもん、違うもん」


「じゃあ、何なの?」


彼女が答えないので、ショーツの両脇に手を差し入れ、するりと引き抜く。

脱がされる際、ちゃんと腰を上げる彼女。(^-^)


閉じている脚を開き、股間を見つめる。

腿の内側まで濡れているのが見てとれる。


ゆ~っくりと顔を近づける。


「やーっ、やーっ! シャワー浴びてないっ!」


膣口を覆っている小陰唇に軽くキスしてから、彼女を横たえて抱きしめる。


自分だけ全裸にされ、激しくキスされながら体全体を撫で回される彼女。


お尻越しに膣へ手を伸ばし、溢れた愛液を中指ですくい取り、これ見よがしに自分の口元へ運ぶ。

彼女が必死に押し止めようとするが、押し切られ指を舐められてしまう。


「理緒さんの味がする…」


「ヤダーっ!」

両手で顔を隠す彼女。


「シャワーを浴びておいで」

彼女の頭を撫で、バスルームに送り出す。


《続く》


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。