FC2ブログ

愛の営み(9月22日) Part3

今日の彼女の感じ方は凄い。

彼女の動きがようやく収まってきたところで、今度は私がゆっくりと動き始める。
ぎゅっと強く抱きしめ、深く突く。大きく反応する彼女。


いったんペニスを抜き、彼女を仰向けにする。

ゆっくりと彼女の中にペニスを埋める。

足を閉じ、真っ直ぐに伸ばした状態で肩に載せ、奥を突く。声をあげる彼女。

しばらく突いてから足を元に戻し、繋がったままキスを交す。

彼女の顔をじっと見つめる。
恥ずかしがる彼女。

その後、正常位から対面座位に進んだところで遂に彼女がダウン。(^-^ゞ


横になった彼女の背後に添い寝し、首筋や肩にキスしながら指先で背面を愛撫する。

彼女が落ち着いたところで、再び後ろから挿入する。
胸と腰に手を回し、ピッタリと体を密着させてから動き始める。

動く速度に合わせて、彼女を抱きしめる力も、彼女の反応も増していく。


最後は激しくお尻に打ちつけるようにして、彼女の中にフィニッシュ。

抜かずにそのまま二人して余韻に浸る。

スポンサーサイト
[PR]

愛の営み(9月22日) Part2

十分に部屋を暗くし、ベッドに入る。


ギュ~っと抱きしめ合う二人。

キスを交しては、抱きしめ合いを繰り返す。

互いに会いたかった気持の高まりを抑えられない。


さんざん唇へのキスを交した後、耳、首筋、肩にキス。

両手をあげさせ、脇の下にも舌で愛撫をくわえる。敏感に反応する彼女。


胸は相変わらず手で隠している。(私は彼女の小ぶりな胸が好きだと言ってるのに…(^-^))

その可愛らしい膨らみを側面からハムハムしていく。次第に私の唇は上に上がっていき、乳輪に沿って舌を這わせる。
体を震わせて反応する彼女。

乳首の側面を舌で愛撫した後、唇でくわえ込む。

口の中で舌先が乳首の先端に触れると、彼女が激しく反応する。

今日は前回にも増して胸に対する反応が大きい。

私も気持が高ぶり、彼女の胸を吸い始める。
さらに彼女の反応が激しくなったため、私も興奮し、胸の吸い方が激しさを増していく。

絶頂に達する彼女。


お腹にキス、腰骨を甘噛みし、恥毛をくわえて引っ張る。

「いや」と身をよじる彼女。

足の付け根にキスすると、彼女の愛液の香りが漂ってきた。

足を開き、爪先から太股まで舐めあげる。


彼女の花びらに私の唇が触れる。彼女の愛液が糸を引く。

恥ずかしくて足を閉じてしまう。


うつ伏せにし、首筋から唇での愛撫をくわえていく。

肩、脇腹、背中、腰。

丸く形の良いお尻は念入りに…。

さらに太股から上に向かって舐めあげ、背面から彼女の花びらにキスする。
もうねっとりとした状態になっている。


彼女を横向きにし、後ろからペニスを当てがう。

少し挿入してみる。

彼女の中は既にビショビショ。

一気に貫く。


ひとつになれた感触を味わうため、私は動かないが、彼女の腰の動きは止まらない。時には小刻に、時には大きく、我慢できずに腰を動かしている。

私が動くタイミングが来ない。(笑)



《Part3に続く》

愛の営み(9月22日) Part1

シルバーウィークに1日だけだが休めることになった。
どうしても彼女に会いたいので昼食に誘う。

二つ返事でオーケーをもらった。



フレンチレストランでのランチを終えた後、ラブホテルへ直行する。

恥ずかしがってはいるが、嫌がる様子はない。


部屋に入ってすぐ抱き寄せる。

「こうなると思ってた?」

頷く彼女。


思っていたとおり、感情が高まっていたのは私だけではなかった。


ソファに並んで座る。私に持たれかかる彼女。

「ああ、こうしたかったんだろうなぁ」という気持が伝わる。


彼女を膝の上に載せ、抱きしめる。

何度も長いキスを交した後、唇の周囲にも軽くキスする。

声をあげる彼女。

首筋にもキスした後、服の上から乳首をくわえる。

ビクンとする彼女。


「お風呂に入ろうか」


中庭にあるジャグジーに並んで浸かる。

しばらくして、私の足を跨ぐようにして彼女を太股の上に座らせる。

再び長いキス。舌を絡め合い、互いを抱く手に力が入る。声をあげる彼女。

首筋、耳、肩とキスをくわえていく。声をあげ、体を震わせる。

「当たってる」

と恥ずかしげに彼女。

屹立した私のペニスの竿を彼女自身が上からくわえ込むような体勢になっており、彼女にとってはかなり恥ずかしいハズ。


部屋に戻り、乾いた喉を潤してからベッドへ移動する。



《Part2に続く》

『結ばれた日』 その1

二人きりでデートするようになってから1年経ったが、互いの気持がよく分からないため、二人の関係は微妙なまま。

このままの状態でデートを続けても、おそらく平行線だろうと思った私は、一大決心をする。


今回のデート先は、某有名観光地でいちばん大きなリゾートホテル。
最上階フレンチレストランでのコースランチと温泉入浴、客室休憩がセットになったプランに申し込んだ。


地元野菜を中心に据えたランチを堪能した後、温泉へ。広い露天風呂でゆっくり寛ぐ。

偶然、彼女も同時に温泉から上がったため、一緒に部屋に戻る。


部屋は和洋室。彼女はベッドで横になり、ホテルのパンフレットを見ている。

意を決して彼女の背後に添い寝。めちゃめちゃ緊張するが、彼女の体に手を回す。

特に反応は無し。そのまま普通に会話を続ける。(後日尋ねたら、この時、心臓がバクバクしていたそうだ)

顔を近付けると目を閉じる彼女。

唇に軽くキス。
嫌がっている気配はないが、ガチガチに緊張している。

首筋、耳、肩にもキスをしていくが、顔を手で隠しながら「明るい。恥ずかしい」と彼女。

彼女はこれまで明るいところでエッチしたことが無く、かなり恥ずかしかったようだ。

真っ昼間なので、カーテンを引き、和室との間の襖を閉める。(それでも暗いというほどにはならないのだが…)

ブラウスを脱がし、ブラも外す。

懸命に胸を隠している腕をどけ、乳房を下の方から優しくキスしていく。小さな膨らみを唇でくわえ、乳輪にも軽くキスし、乳首に近付いていく。

微かに舌の先が乳首に触れた瞬間、ビクンとする彼女。
舌の先と裏側で念入りに愛撫をした後、乳首を唇で軽くくわえ、舌先でタッチ。さらに深くくわえこんだら口の中で舌を使って彼女の乳首を転がす。

お腹にもキスしたら、ジーンズを下ろし、ショーツの上から優しく愛撫した後、ショーツも脱がす。

再びお腹にキス、腰骨を甘噛みし、足の付け根を舌で念入りに愛撫。

恥丘に頬擦りし、優しく手で撫でた後、恥毛を唇でくわえて軽く引っ張る。

まだ「明るい」と彼女が恥ずかしがったため、部屋を暗くしようとベッドを離れる。

帰りがけ、財布からコンドームを取り出し、枕元に置いた時、彼女から

「私ゴムはダメなの」

との言葉が!


当惑する私。


「体質的に合わなくて、薬にしたんだけど…。以来、ずっと飲んでるの」と彼女。


『これは間接的にノーと言っているのだろうか?』
ベッドサイドに腰を下ろし、ショックを隠せない私…。


その2に続く

出会い 3

既に、彼女と会うことが生きる上での励みになっていたので、二人が時間を確保できる平日昼間のデートに思いきって誘ってみた。

返事はオーケー。

こうして二人だけのデートが始まる。



最初のデートはリゾート地にある有名温泉旅館の日帰りプラン。

帰り際に寄った「道の駅」で手を差し出すと、恥ずかしがりながらも手を繋いでくれた。
普段の『クールビューティ』のイメージからは想像もつかない、実に可愛らしい仕草だった。



二度目のデートは紅葉ハイキング。

ハイキングの間は普通にずっと手を繋ぎっぱなしで、手を繋ぐのも板に付いた感じになった。



三度目のデートは新緑ハイキングだったが、それ以上の進展はなし。


と言うのも、二人の間で恋愛に関する話は一切出ないから。
もちろん「好き」などという言葉も出ない。


3年経ったとは言え、死別したパートナーへの思いが無くなった訳ではなし、寂しさを埋めるために相手を利用しているのではないか?、相手が自分のことを好きではないのでは?等、自分の気持にも相手の気持にも自信がないため、進展のしようがない状況だった。


どこかで互いの気持を明かし合うブレイクアウトの機会が必要だった。


結ばれた日 に続く

出会い 2

私の妻がガンで他界する。発見から1年半、あっという間のことだった。


数ヵ月後、今度は彼女のご主人が他界する。

彼女は周りに頼れる人もいなかったし、私自身がパートナーに先立たれるという経験をしたばかりだったため、葬儀やお墓の相談相手になった。


翌夏、パソコンの具合が悪いので診てもらえないかと相談を受け、初めて彼女の家に行く。

今思えば、これが私と彼女が現在の関係になるきっかけであった。


パソコンの対応は1時間もかからずに終わったが、積もる話でその後4時間!
よほど話し相手が欲しかったのだろう。

私も、妻と他愛もない話をできなくなってしまったことが、いかに寂しくストレスになるかを痛感していたので、彼女の気持はよく分かる。

滅多に笑わなくなり、体重も激減。うつ病と診断された私を励まし続けてくれたのが彼女であった。

互いの子供たちとも十分な知り合いだったため、その後、二家族で食事をしたりキャンプに行くようになる。

辛く寂しいはずなのに頑張っている彼女に会うのが嬉しく楽しみだった。

しかし、彼女の子供が受験の年になったので、両方の家族揃って遊ぶことは難しくなった。


続く

出会い 1

彼女と出会ったのは10年ほど前。とある集まりだった。

当時は「すごく綺麗で素敵な女性だな」とは思ったが、もちろん恋愛感情など抱くはずはなかった。

その後、私も彼女もそのお手伝いをすることとなり、月に3、4回は顔を合わせ、会話もするようになる。

彼女とは同い年であることが分かり、会話の調子も気安い感じになっていった。

二人に大きな転機が訪れたのは4年前のことだった。


続く

愛の営み その2

7月のデートで劇的に結ばれてから2ヶ月。

その後、8月のデートではランチとお茶を一緒にしたが、お互いに不安を抱えたままで、距離が縮まったようでなかなかこれ以上は縮まらない。


という訳で、思い切ってとある温泉地にある露天風呂付きの時間貸し個室施設に彼女を誘ってみる。

彼女はかなりの恥ずかしがりなので、難色を示すかなと心配したが、「良さそうだね」とオーケーがもらえた。

飲食サービスは無いので、途中でお弁当を買って行く。

10時30分 目的地着。三番棟に案内される。
コーヒーを飲んで、まずは気分をほぐす。彼女を膝の上に載せ、キスを交す。

タオルを巻き、恥ずかしがりながら露天へ。二人並んで眼下に広がる川を眺める。
お湯が透明なので彼女の白い裸身が見える。曲線が綺麗だ。

1時間ほど湯に浸かってから弁当を食べる。話題は同僚の転勤。

再び露天へ。

今度は彼女を抱き寄せて唇、肩、首筋にキスする。感じる彼女。

この後は『明るくないところ』に行くことを伝える。恥ずかしながら頷く彼女。


15時過ぎ、地元のホテルに入る。

まずはコーヒーを飲んで気分をほぐす。

ベッドへ移動し、キスを交す。
温泉でもそうだったが、何度も自分からキスし、舌を軽く入れてくる。積極的になっている。

ブラウスを脱がせ、首筋や肩に舌を這わせる。声をあげる。

胸を手で愛撫しようとすると身を反らす。
どうしても胸は恥ずかしいようだ。

部屋の電気を暗くする間、向こうを向いて服を脱ぐ彼女。
ブラとショーツだけになり、ベッドに入る。

優しく胸を愛撫し、ブラを外す。
小ぶりの胸を唇と舌で愛撫する。
乳輪を優しく攻めてから乳首へ。

今日は胸に対する反応が大きいので、時間をかけて乳首に吸い付く。
反対側の胸は手で優しく揉む。

お腹から股間にかけてキス。ショーツの上から愛撫する。
足にキス。親指をくわえるとイヤとの声。感じている。

ショーツをゆっくり下ろし、足の付け根を念入りに舌で愛撫する。

恥毛をくわえて引っ張る。
顔を近付けるが何もせず、しばらくじっと見つめる。イヤと恥ずかしがる彼女。

ようやく大陰唇から舐め始める。クリトリスにも膣口にも触れない。

充分に外を舐めたら、いよいよ大陰唇を分け入って中へ。小陰唇、クリトリスと徐々に舐めていく。

クリトリスにも充分に愛撫を加えたら、アナル付近から膣口、クリトリスへと一気に舐めあげる。
激しく反応する彼女。

ペニスをクリトリスに当てがってスリスリ。
さらに膣口付近でもスリスリした後、彼女の中に入る。

私は挿入したまま動かないが、彼女は小刻に腰を動かしている。

繋がった状態でキスの嵐。

ゆっくりと動く。足を上げて奥を突いたり、対面座位から後ろに体重を掛けたり、横臥背位、バックで後ろから突いたり、騎乗位で彼女がピストン運動したりと、今回は激しい。

時々「イイ」という声が聞こえる。

途中何度もキスを交し、最後は正常位で彼女の中にフィニッシュ。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR